ダビッツ使用感|04-05黒カード

今回はダビッツの04-05黒カードの使用感です。

基本スペック

  • パラメーター:12 14 13 17 17 19  92
  • チームスタイル:マンマーク

ポジションは3ボランチの左、中央などで100試合ほど使用してみました。

スポンサーリンク

ダビッツの04-05黒カード使用感

 

トータルの数字では過去のカードに劣る部分もありますが、そこはやはりダビッツ、プレスやタックルの動きはとても優れており奪取力も高いです。

 

中盤の底から攻撃の組み立てる役割には不向きかもしれませんが、守備へのアプローチと縦への推進力には十分ダイナミズムを感じます。

 

パス精度に関しても物凄く精度が良いという程ではないですが、しっかり仲間と繋いでいく意識と、いざとなれば自ら持ち上がっていく仕掛けの意識を兼備していると感じました。

 

どちらかと言えば持ち上がる意識が強いような印象があります。

 

シュートも力強さと一定の精度を持った水準以上の性能で、得点に繋がることも多いです。

 

採点 6.5

 

全般的な能力はATLEや01-02、02-03時代のカードに見劣りしますが、攻守のバランスが良いカードだと思いました。

 

能力自体もあくまでダビッツの中では少し劣るかもしれないというレベルで、並みのボランチには無い奪取能力と運動量、攻撃性能を持っており、このカードでも十分中盤で安定した活躍を見せてくれるのではないかと。

 

バルセロナのブラウグラナ、インテルのネラッズーリを使えるダビッツの黒カードという意味でも需要の高いカードだと思います。

 

 

以上、個人の使用感ですがお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました