調べてみましたー|WWC180で一番使われていたチームスタイル

今回はワールドウィナーズチャンピオンシップ180のベスト16で使われていた、オフェンス、ディフェンス、サポート3つのチームスタイルを調べて集計してみました。

  • 1pt=1チームです。
  • ()が無い時はレアではない通常のチームスタイルです。
スポンサーリンク

ワールドウィナーズチャンピオンシップ180

オフェンスのチームスタイル

クロス重視 4pt

(ホーミングクロス、キラークロス)

全員攻撃 7pt

(バンディエラの大号令、モメンタムラッシュ、トータルコマンダー)

ロングパス重視 2pt

(フリックパス)

フィニッシュワーク 1pt

(プルガアトミカ)

ダイレクトプレイ重視 1pt

(ロケットパス)

ワンタッチパス重視 1pt

(ティキタカ)

 

ディフェンスのチームスタイル

個人守備重視 13pt

(クリーンファイト、ザビースト、上空の騎士、ハンティングドッグ)

ハードプレスディフェンス 1pt

(フィールドの闘犬)

インターセプト重視 1pt

カバーリング重視 1pt

(グアルダアラーニャ)

 

サポートのチームスタイル

PKセービング 1pt

(ペナルティガーディアン)

ダイナモ 2pt

(ダイナミックダイナモ)

リベロディフェンス 5pt

(レイバリエンテ、王国の門、フォアスティール)

フォアザチーム 3pt

(カルチョカンピオーネ、マシアの英雄)

オーバーラップ 5pt

(アトミックセンター、共鳴の矢)

 

WWC180で一番使われていたチームスタイルは

 

オフェンス=全員攻撃

ディフェンス=個人守備重視

サポート=オーバーラップとリベロディフェンス

 

前回の179ではクロス重視が全員攻撃にかなり差をつけていましたけど、今回は逆転して全員攻撃が一番多く使われていました。

 

ディフェンスは個人守備重視が強いのは変わりませんが、プレスディフェンスが1つも使われていなかったのは最近じゃ珍しいかも。

 

サポートはリベロディフェンスとオーバーラップが同率という結果に。

 

 

近々4月の5大会分集計予定です。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました