調べてみましたー|WWC181で一番使われていたチームスタイル

今回はワールドウィナーズチャンピオンシップ181のベスト16で使われていた、オフェンス、ディフェンス、サポート3つのチームスタイルを調べて集計してみました。

  • 1pt=1チームです。
  • ()が無い時はレアではない通常のチームスタイルです。
スポンサーリンク

ワールドウィナーズチャンピオンシップ181

オフェンスのチームスタイル

クロス重視 5pt

(ホーミングクロス、クロスの伝道師、キラークロス)

全員攻撃 8pt

(モメンタムラッシュ、追撃の号令、攻勢の波動、シュネーシュトゥルム)

ドリブル重視 1pt

ダイレクトプレイ重視 1pt

(ショーテストルート)

進化クラブチームスタイル 1pt

(ブラウグラナG)

ディフェンスのチームスタイル

個人守備重視 14pt

(クリーンファイト、ハンティングドッグ、上空の騎士、ザビースト)

マンツーマンディフェンス 1pt

(至高のインターセプト)

進化クラブチームスタイル 1pt

(ブラウグラナG)

サポートのチームスタイル

PKセービング 3pt

(ペナルティガーディアン、絶対守護)

ダイナモ 4pt

(ブラックスワン、右サイドの支配者)

リベロディフェンス 7pt

(レイバリエンテ、王国の門、全能のリベロ、フォアスティール)

シュートセービング 1pt

(グランツパラーデ)

進化クラブチームスタイル 1pt

(ブラウグラナG)

WWC181で一番使われていたチームスタイルは

オフェンス=全員攻撃

ディフェンス=個人守備重視

サポート=リベロディフェンス

オフェンスは前回と似た感じで全員攻撃が数、種類共に最も使われていて人気。

ディフェンスは個人守備重視が圧倒的で、前回プレスディフェンスが上位から消える展開でしたが今回もでしたね。

サポートも最近だとリベロディフェンスが抜けていますね。

進化チームスタイルが1つ入ってましたけど、たぶん17-18になってからクラブチームスタイル自体初めてだったような。

ではまた。

WCCFあんてなに参加しています。
スポンサーリンク