カリドゥ・クリバリ使用感|16-17白

今回はカリドゥ・クリバリの16-17白カードの使用感です。

基本スペック

  • パラメーター:9-17-11-18-16-15 86
  • チームスタイル:マリーシア

特にテーマを決めていないチームで100試合ほど使用してみました。

スポンサーリンク

使用感

守備に関してはフィジカルを前面に押し出し、相手にプレッシャーをかける際の圧力の強さはクリバリの魅力だと感じます。

特に真正面から攻めてきた相手との1対1の場面では、非常に頼もしい存在です。

しゃがんだ状態で足を延ばしてボールを奪ったり、横からファールすれすれのスライディング、相手から逆にプレッシャーを受けたとしても片腕一つで相手の体を押さえ付けボールを渡さない姿勢などを見ると、狡猾なプレーが得意だという印象を受けます。

さらにマリーシアを発動させれば、上記の奪取力を活かしながらファウルでカードをもらう機会も減ると思いますので、クリバリの守備力が最大限に活かせるのではないでしょうか。

足も守備の選手としてはとても速く感じ、一度抜かれても食らいつくようにボールを奪いに行く様は、数値通りのスピード感を感じることができます。

空中戦にも強く、サイドからのクロスをヘディングでパワフルに弾いてくれます。

 

攻撃面に関しては今回はあまり得点に絡む機会が少なかったこともあり、正直あまり印象に残りませんでした。

守勢時の空中戦は安定感がありますが、セットプレーの時はそれほど目立った場面がなく、まったく決めなかったわけではないので今回はたまたまかもしれませんが、全体的に攻撃意識は低いように感じました。

ドリブルも力強いですが小回りは利かないほうで、特に4センターバックのでサイドで起用した際の攻め上がりなどは、やや大味なドリブルで奪われてしまうこともあったので、持たせすぎには注意が必要かもしれません。

採点 6.5

パワーとスピードを兼ね備え、おまけに高さもあり非常に安定した守備を披露してくれます。

レギュラーカードでありながら奪取力、対人能力はかなりの能力を持つカードだと感じました。

奪取力や守備力などはとても魅力的なカードですが、攻撃面には少々物足りなさを感じました。

守備能力に関してはレギュラーカードとして文句のない1枚です。

 

以上、あくまで個人の使用感ですがお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました