マリオ・レミナ使用感|16-17白カード

今回はマリオ・レミナのバージョン16-17白カードの使用感を書かせていただきます。

今季からセインツへ移籍して吉田の同僚にもなった選手ですね。

 

カード基本情報

  • パラメーター 11|14|14|16|15|15
  • チームスタイル ボールキープ

3ボランチの中央やダブルボランチの左などで100試合ほど使用しました。

スポンサーリンク

使用感

 

運動量は多く、ボールを持った相手に対しよく追い掛け回し、積極的にプレスをかけボールを奪ってくれます。

 

ただ、スタミナが15とボランチとしてはそれほど多く無いため、試合の後半では交代を考えなくてはいけなくなる場合もありました。

 

奪取力などはそこそこあるだけに、パフォーマンスを継続させるためにはスタミナの育成が必須だと思いました。

 

パスの精度も以前より向上している印象で、攻め上がりがら前線へのFWへと繋ぎアシストを記録することも今回の起用では多かったです。

 

ロングパスに関しても中距離なら精度はまずまずで、前のバージョンよりトータルは低くなりましたが、テクニックが上がったのでパスの繋ぎなどは安定感が増したように感じました。

 

ゴール前へ時折進出することはありますが、攻撃参加の頻度はそれほど多く無いため、どちらかといえば守備的な能力のほうが目立つ選手だという印象を受けました。

 

採点 5.5

スタミナが改善できれば白の守備的なMFとしては及第点の守備力とボール奪取能力が活かせるのではないかと思います。

 

15-16と16-17とで白カードが2枚排出されましたが、パス関連の能力に目をつぶればダイナモのKPを持ち、ディフェンスとスタミナの数値が高い前作のカードのほうが個人的には好みです。

 

以上、個人の使用感ですがご参考までに。

タイトルとURLをコピーしました