キエッリーニ使用感|16-17黒カード

今回はキエッリーニの16-17黒カードの使用感です。

基本スペック

  • パラメーター:10 19 13 18 15 14 89
  • チームスタイル:インターセプト重視

ユベントス縛りのチームで60試合ほど、3バックの左、4バックのセンターバック、サイドバックの位置などで使用してみました。

 

スポンサーリンク

キエッリーニ 16-17黒カード使用感

 

相手のドルブルやパスに対し足を伸ばして妨害するなど、簡単には抜かせないというような守備意識の高さを随所に感じさせてくれます。

 

クリア不十分とみるや、間髪入れず即スライディングでボールを奪うなど、体を張るプレーが得意な印象を受けました。

 

サイドからのクロスに対してもしっかりと跳ね返すヘディングの強さと、高さを最大限にいかした空中戦の強さにも安定感があります。

 

守備能力やパワーが高いうえに、足もそこそこ速いほうなのでサイドでの起用の際は攻撃でも能力を発揮してくれます。

 

採点 6

 

競り合いの強さと堅実な守備意識を兼ね備えており、さらにセンター、サイドのどちらの起用も任せられるのはキエッリーニの強みではないでしょうか。

 

フィードの精度も問題なく、時には攻撃参加でアシストや得点に繋がるプレーを見せてくれることもあります。

 

ただし、スタミナに関しては中央ではそこまで気にならなかったですが、サイドで起用した際、前後に枚数をかけられていない状況では厳しく感じることがあり、交代や休養での調整が必要だと感じる場面もありました。

 

ディフェンス面やパワー面は黒でも申し分ないものを持っているので、スピードやスタミナなどを伸ばしていくと、より安定感が増すカードではないかと思いました。

 

以上、個人の使用感ではありますがお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました