バルザーリ使用感|16-17黒カード

今回はバルザーリの16-17黒カードの使用感です。

基本スペック

  • パラメーター:10 19 13 18 15 14 89
  • チームスタイル:インターセプト重視

ユベントス縛りのチームで50試合ほど、3バックの右や4バックの右の位置で使用してみました。

スポンサーリンク

バルザーリ 16-17黒カード使用感

 

守備の動きについて。

 

しっかりとスペースを埋めて安易な侵入を許さず、まさに盤石で手堅い守備を見せてくれます。

 

ボールの動きを良く観察しており、相手ボール保持者の体の向きに合わせ自身の体を左右に動かしパスやドリブルのコースを防ぐ動き、パスを繋がれてもすかさず横から奪うなど読みも良いです。

 

ただ、ドリブルが上手くて足の速い相手に右に左に振られると、もたついて振り切られてしまうこともあります。

 

足の速さは遅く感じてしまうことがあり、このあたりは数値通りのスピード感だという印象を受けました。

 

また、攻撃につながるようなプレーも今回の起用ではほとんど印象に残っていません。

採点 6

足の速さはそこまでではないので振り切られる場面もありますが、読みやポジショニングに長けており、対人能力の高さを感じさせてくれます。

 

ボヌッチやキエッリーニと比べると攻撃面は少し物足りない気もしますが、カバーリングなどフォローの動きも良く、手堅い守備に好感が持てます。

 

これまでの白カードよりも守備の安定感が明らかに増しており、さらに使いやすくなった1枚だと感じました。

 

そもそも今回が初めての黒カードだと思いますが、5R以上でバルザーリを使うなら今後も最初の選択肢にすると思います。

 

以上、個人の使用感ではありますがお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました