ロビー・キーンを少し使用してみた感想

今回はロビー・キーンのバージョン16-17SS-RE-(エクストラカード)の使用感です。

基本スペック

  • パラメーター:18 5 16 16 17 16  88
  • チームスタイル:ラインブレイク

ポジションはセンターフォワードの中央や左ウィングの位置で、50試合ほどですが使用してみました。

スポンサーリンク

ロビー・キーンの16-17SS-RE-(エクストラカード)使用感

 

ドリブルは直線的なものが多いですが、切れ味のある突破と裏へ抜け出すセンスを兼ねており、嗅覚の鋭さを感じさせてくれる動きが印象的です。

 

得意の飛び出しから咄嗟の場面でもそのままゴール、あるいはボレーなど合わせる反応の良さも持っています。

 

シュートの質も高く、精度、威力共に申し分ないレベルです。

 

サイドで使用した際も精度はまずまず無難ではありますがクロスやパスで味方へアシストする意識も高く、アシスト役に関しても安心して任せられるレベルにあると感じました。

 

とはいえやはり縦への突破力やゴールセンスを活かし、中央での起用の方が個人的にはしっくり来るものとなりました。

 

採点 7

 

シュート全般の能力や裏へ抜け出すセンスは白カードで使えるカードとしては非凡な物を持っており、黒カードやレアカードにさえ匹敵するのではないかと感じたためこの評価とさせていただきました。

 

本当はアイルランド代表時代のカードだったらもっと嬉しかったですけど、キャリア終盤のカード化とはいえ、ロサンゼルス・ギャラクシーに在籍した期間でも125試合に出場して83得点とゴールを量産と活躍していた時代なので能力も高く、白でも使える、と無所属扱いを除けば文句無しのカードだと思いました。

 

ゴールパフォーマンスは日韓ワールドカップなどでも見せたお馴染みのくるくる回る特殊モーションとなっており、面白いので一見の価値あり、おすすめです。

 

 

以上、個人の使用感ですがお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました